ウィッグのナチュラル株式会社

メニュー

かつら・ウィッグの修理

弊社のウィッグ、他社のかつら、修理OK!

毎日使っていると2~3年でかつら・ウィッグのどこかが傷んでくるものです。そんな時、確かな技術力で、あなたのウィッグを綺麗に蘇らせます。経験豊富なスタッフが丁寧に修理しますので、安心してお任せください。

修理内容に関わらず40,000円(税別)のワンプライス!

【複合修理でもワンプライス】
かつら・ウィッグって一度に傷んでくるものです。ナチュラル株式会社なら「増毛をしたい、人工皮膚も修理したい!」などの複合的な修理内容でも、一律40,000円でお請けいたします。新品でかつら・ウィッグを買うよりもずっとお得に使い慣れたウィッグを使い続けることができます。≫カラー・パーマは別途費用が必要になります。

【修理内容は明確に】
かつら・ウィッグの修理内容はその内容と場所を明確に指示してください。ご依頼の部分のみ修理します。

【新調した方が良い場合】
かつら・ウィッグのベースネットがあちこち傷んでいる場合、修理した直後にさらに他の部分がやぶれる場合が多いです。傷みがひどい場合はかつらを新調した方が安くあがる場合があります。

 

ウィッグ修理申込み

商品残金のお支払い

修理をお受けできない内容

【どんな内容が不可なのか】
かつら・ウィッグ自体のサイズ変更や、構造上修理不可能なウィッグ、かつらの痛みがひどい場合は修理をお受けできません。またかつらの髪の毛を全部抜いて新しい髪を植えることも不可となります。

【髪の毛の全体植え】
お客様ご自身でかつら・ウィッグの髪の毛をほぼ抜いて全部に新規増毛は実施したことがあります。その場合、追加料金30,000円(税別)を頂きました。

注意点

  1. 修理内容の変更はできません。
    ナチュラルサロンでかつらの修理品をお預かりしナチュラル本部に発送した後、またはお客様が直接弊社へかつら・ウィッグの修理品を送り弊社で受付した時点以降は修理内容の変更はできません。
  2. 修理品は洗って清潔な状態にして送ってください。
    触るのもはばかれるようなギトギト、ベタベタ、ドロドロに汚れた状態のかつら・ウィッグを送ってこられたことがありました。あまりにも汚いものは着払いでお客様にお返しする場合があります。
  3. かつらを修理に出しても「工場判断で」修理不可能で戻ってくる場合があります。
    かつらの修理できないかもしれないと考えてもお客様が望まれた場合修理に出すことがあります。かつらの修理不可の場合、手数料6,000円を差し引いて返金いたします。実際にはほとんどありませんが工場が修理不可と判断し修理をまったくしなかった場合の対応です。
  4. かつらの複合修理の際、修理出来ないところがあった場合、修理できる内容のみを実行する場合があります。
    依頼したかつら・ウィッグ修理内容の一部が修理不能だった場合、修理代金の一部返金などは出来ません。
  5. 修理を施した内容についてのイメージ違いなどは返金の対象になりません。
    例:思ったよりかつら・ウィッグの毛量が多い、あるいは少ないなど
  6. かつら・ウィッグのベースネットが切れているものは、他のネットを当てて縫い付ける修理となります。
    軽微なものはお受けしますが、ひどい状態のものはお受けできないことがあります。
  7. かつらのウレタン部分のコーティング修理は、ひび割れが再発する時間が新品時より比較的短くなります。

 

その他、ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。
Tel:0120-976012

 

かつら・ウィッグ修理の実例

過去に修理したかつら・ウィッグをご紹介いたします。

【修理内容】全体増毛、ピン取り替え、ウレタン張替

1、3つの複合修理依頼

男性用オーダーメイドウィッグ他社:大手メーカー製品
1、NPU(ウレタン)の取り換え
2、ピンの取り換え
3、全体増毛

2、修理結果

【ウレタンは重ね貼り】
かつら・ウィッグの古いNPU(ウレタン皮膚)を全部を取り除く事ができませんでした。そのためかつらに残った古いNPU(ウレタン皮膚)の上に、新しいNPU(ウレタン皮膚)を張り付けしました。やや厚みはでますがキレイになりますし長持ちしますのでご理解頂きました。
【髪をカットして直送】
ナチュラル本部へ直接の修理依頼でしたのでかつらのカットも地毛に合わせて本部で済ませてご自宅へ発送しました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】周囲素材の張替えと分け目取り換え

1、分け目の修理

【現状】男性用フルオーダーメイドかつらの分け目部分がベースネットからはがれてきており、お客様自身で縫い付け修理されてました。
【対策】分け目を全部取り換えた上で、かつら・ウィッグの周囲部をウレタンで補強しました。

2、フロント部分の修理

【現状】両面テープで装着されていたかつらの・ウィッグのフロント部分のウレタンは全部なくなってしまっていました。とりあえずテープで装着されていました。
【対策】かつらのフロント部分のウレタンを新しく張替えました。

3、かつら周囲部分の修理

【現状】かつら・ウィッグの周囲部分の黒い布も傷んでいました。
【対策】かつら・ウィッグの周囲部分を全張替えしました。またピンも全部交換しました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】増毛とウレタン張替、ピンは再利用希望。

1、かつら増毛修理

【現状】かつら・ウィッグの頭頂部が薄くなってきていましたので、その部分の増毛を希望されました。その際、かつらの頭頂部以外の部分にあわせた感じで増毛希望でした。
【対策】ご希望どおりにかつらの頭頂部分に増毛しました。

2、ウレタン張替修理

【現状】男性用フルオーダーメイドかつらの周囲部のウレタンが傷んでいましたので張替えをご希望でした。
【対策】ウレタンの上にウレタンがのっかてるように見えますが、これはピンと一体型のウレタンです。弊社で羽つきピンと呼んでいるタイプのピンですが、これがお好みということで再利用をご希望されました。某大手メーカーのオーダーメイドウィッグ(かつら)です。ベースネットの周りにあるウレタンをご希望どおりに張り替えました。

【その他】他社製のかつらの髪は「人工毛」のようでしたが(お客様はなんの髪かわからないとのこと)人毛で増毛することになりました。また髪がもつれやすくなっていたので髪にコーティングをしました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】激しく傷んだ男性用部分かつらの修理

1、ウレタン張替え修理

【現状】男性用フルオーダーメイドかつらの表側、ウレタン分け目がすべて髪ごと抜けていました。
【対策】かつら・ウィッグの分け目全体を新規作成してつけました。

2、製品裏側のウレタン張替え修理

【現状】かつら・ウィッグの裏側のウレタンはほぼ全部欠落しています。
【対策】かつらのフロント部分のウレタンは幅広く取り付けました。またかつらのサイド部分から後ろにかけては25ミリ幅の「ハイブリッド190」を取り付けました。

3、かつらのピン交換修理

【現状】これまでとは違う位置にピンをつけることをご希望されました。
【対策】お客様にX印でその位置を表示してもらい、かつらについている古いピンを新しいピンと交換しました。

4、かつらの増毛修理

【現状】増毛はウレタン分け目部分のみご希望でした。
【対策】かつら・ウィッグの分け目以外の毛量にあわせて分け目部分を増毛しました。またフロントとバック、もみあげ部に白髪を量指定で追加しました。

予備としてもっておこうということで修理に出されましたが、とてもキレイに仕上がりました。予備にはもったいないかもしれませんね。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】全かつら:もみあげ部分のウレタンを補強。

1、ウレタン補強修理

【現状】髪の毛がまったくないお客様の全かつらです。男性用フルオーダーメイドかつらのもみあげ部分のみに両面テープを貼って装着されていました。ところが、かつらのもみあげ部分を引っ張ってゆるみがないようにしてお使いになるせいか、もみあげ部分のウレタンが両側とも破れてきていました。
【対策】破れたかつら・ウィッグのもみあげのウレタンの上にウレタンを貼りつけて補強しました。少し厚みは増した状態でお客様に納品しましたが、装着感にこれまでとの違いは感じないそうです。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】増毛とサロンパーマ

1、増毛修理とパーマ

【現状】自宅で注文できるオーダーメイドウィッグHANAHANAでお作りになった女性用のロング全かつらです。かつら・ウィッグの頭頂部が写真のように全体的に薄くなって増毛修理を依頼されました。
【対策】ご希望の通りに増毛しました。またナチュラル本部でかつらにパーマをかけて納品しました。パーマ代金は修理代の他に8000円頂きました。

【ワンポイントアドバイス】かつらのベース部分が傷んでいない場合は増毛も簡単です。かつら・ウィッグのベースネットが傷んでいたら、増毛してもまた違うところのネットが切れてしまい次々に修理が必要となります。そんな場合はかつらを修理しても逆にコストがかかってしまう場合がありますので、ウィッグを新調することも検討することが必要です。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】医療用かつらの複合修理

1、ウレタン張替修理

【現状】医療用かつら:女性用フルオーダーメイドウィッグのフロント部、両面テープを貼る部分のウレタンが傷んでいました。
【対策】かつらのウレタン全体を取り換えました。≫かつらのウレタンを取り換えることができない場合は上から貼り増しする場合があります。

2、ネットの破れ修理

【現状】かつら・ウィッグのネットが破れているところが複数ありました。
【対策】かつら・ウィッグのネットが破れている部分に当て布をしてふさぎ、そこには増毛しました。

3、かつらの増毛修理

【現状】かつら・ウィッグの脱毛が多い部分がいくつかありました。
【対策】かつら・ウィッグの周囲の毛量に合わせて髪を増毛修理しました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】ネットの破れの補修と補強

1、ネット破れの修理

【現状】あちこち破れてしまっていた女性用フルオーダーメイドウィッグ。ネットの裏側をお客様がご自身で縫って使用されていました。
【対策】破れてしまっていたかつらのネットの破れの大きさや部位に応じて適切な大きさのネットを当て布して修理しました。

≫ネットの裏側に髪の毛が…

かつら・ウィッグのベースネットの裏側に髪の毛がかなりたくさん出てきていました。これはどうしようもありませんのでカットして整えました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】増毛とネット破れとウレタン張替え

 

かつら・ウィッグの修理で一番多いのは「髪の件が抜けて増毛したい」「製品の周囲のウレタンが傷み取り換えたい」「ネットが破れたので補修したい」という3つが一番多いです。この男性用フルオーダーメイドかつらの修理はそのような三役そろい踏み状態の修理です。

1、かつらの増毛修理

【現状】かつら・ウィッグの分け目の脱毛が目立っています。
【対策】脱毛しているかつら・ウィッグの分け目部分に増毛しました。

2、ウレタン張替え修理

【現状】かつら・ウィッグの裏側のウレタン全体が傷んでいましたので張替えをご希望されました。
【対策】かつら・ウィッグ裏側の傷んでいるウレタンを全取り替えしました。

【ワンポイントアドバイス】
かつら・ウィッグの裏側の製品周囲部にウレタンがぐるりと回っています。これはかつらに両面テープを貼る為と製品の方くずれを防ぐ役目があります。その部分は経年劣化していきます。主に頭皮の脂を吸っていくのが傷む原因です。どうしようもないのですが少しでも長持ちさせるために、かつら・ウィッグを外して夜寝る際に、かつらの裏側をしぼったタオルなどで拭いておくことが良いでしょう。

3、ネットの破れ修理

【現状】かつら・ウィッグのベースネットが2か所破れていました。
【対策】かつら・ウィッグのやぶれている部分に当て布をして補修修理しました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】地毛引出し式からネットタイプへ大改造。

ナチュラル株式会社では他社製品のかつら・ウィッグの修理も積極的にお受けしています。しかし今回の女性用ウィッグの修理は私どももちょっと頑張り過ぎました。いつまでできるかわからないコストが合わない修理でした。

1、地毛引出しからネットタイプへ大改造

【現状】地毛引出し式って扱いが難しいです。使ってみてお分かりになったのでしょう。このかつらをネットタイプに改造を希望されました。
【対策】ラインタイプの地毛引き出し部分をネットに張り替えました。

2、ウレタン追加修理

【現状】かつら・ウィッグの分け目部分がフロントまで突き出してて、その狭い部分だけ両面テープをつけれる仕様でした。
【対策】お客様がもっとかつらのフロントに横長に両面テープを貼れるようにして欲しいということで、かつらのフロント部分いっぱいにウレタンを取り付けました。

3、かつらの増毛修理

【現状】かつら・ウィッグの毛量が少なくなっている部分がありました。
【対策】かつらの毛量が少なくなっている部分を全体毛量に合わせて増毛しました。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

【修理内容】フロント部分の張替え、増毛、ピン取替。

1、フロント部分のウレタン修理

【現状】かつら・ウィッグのフロント部分に幅広いウレタン皮膚があり両面テープを貼って使用されていましが、経年劣化で傷んでひび割れがひどくなってました。
【対策】男性用フルオーダーメイドウィッグのウレタン皮膚を張り替えました。
≫この部分の取り換えはウレタンの取り付け仕様によって取り換えができるものと取り換えが出来ないものとあります。取り換えができない仕様の場合、傷んだウレタンの上から新しいウレタンを貼ることになります。少し厚みは増しますがあまり気にならないのではないかと思う程度の仕上がりになります

2、おくれ毛を増毛修理

【現状】かつら・ウィッグのフロントの先端部分…ネット植えをしている部分の「おくれ毛」がなくなっていました。
【対策】かつら・ウィッグのフロント部分のおくれ毛を増毛しました。

3、ピン取替修理

【現状】かつら・ウィッグのピンが壊れたりして傷んでいました。
【対策】ピンは全数交換しました。

≫修理前のかつら・ウィッグのフロント部分に付いている付箋紙は、お客様が修理の指示事項を書いてこられたものです。

かつら・ウィッグ修理申込み

 

かつら・ウィッグ修理お申込み

ホームページから修理のお申込みもいただけます。
※ご不明な点がある場合にはお電話をおすすめしております。

かつら・ウィッグ修理申込み

ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。
Tel:0120-976012
お電話は365日24時間受付中です!


Warning: Division by zero in /home/users/2/wignatural/web/natural.ne.jp/cms/wp-includes/comment-template.php on line 1417
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
お支払い
とご注文