ウィッグのナチュラル株式会社

メニュー

自毛で作るオーダーメイドウィッグ

自毛で作るオーダーメイドウィッグ

【世界にひとつのフルオーダーメイドウィッグ
長く伸びた髪をカットし時、捨ててしまう髪に愛おしい気持ちがありませんか?
長い年月をかけて伸ばされたご自分の髪でかつら(ウィッグ)をつくることができます。
自分の髪なので、装着した際も違和感がありません。

198,000円(税込)のワンプライス!

部分ウィッグ、フルウィッグに関わらず198,000円(税込)のワンプライスでお作りいたします。
≫自毛のカット代は別途必要です。

自毛で作るオーダーメイドウィッグ作成の流れ

ご注文には申込金15,000円(現金)と印鑑が必要となります。
≫型取り&契約後に1週間以内にキャンセルされた場合には申込金をキャンセル料として充当いたします。

ステップ 1

ナチュラルサロンのご予約

フリーダイヤル(TEL:0120-976012)に電話してご希望のナチュラルサロンのご予約をお願いします。
ステップ 2

サロンにてご相談

ナチュラルサロンでヘアスタイリストとウィッグのタイプなどをじっくりご相談打ち合わせしていただきます。ご希望のスタイルのお写真などありましたらご持参ください。
【お使いのウィッグ】それを見ながら打合せできるのでご持参ください。
【ご相談のみ無料】しつこい勧誘はいたしませんのでご安心ください。
ステップ 3

ご注文・自毛カット・申込金のお支払い

注文書にサインをして申し込み証拠金15,000円を現金で支払いしてくだい。その場で自毛カットを希望される場合は別途カット代が必要になります。
【頭の型どり】頭の型取りをします。美容師が最適と考えるサイズで型どりしますがお客様の特別なご要望がある場合それをしっかり美容師に伝えてください。完成したかつらのベース修正はできません。
【お使いのウィッグ】お預かりできれば工場はそれを参考にできるので有難いです。
ステップ 4

残金のお支払い

型取り後1週間以内に残金のお支払いをお願いします。お支払い手続きが確認され次第、製作開始します。
残金のお支払いはこちらから

ステップ 5

ウィッグ製作と納期

【納期】部分かつらは約30日後・全かつら約45日前後で工場から到着します。
【納期が長くなる例】年末年始やゴールデンウイーク、工場の旧正月など長期のお休みが続くと、その分制作に時間がかかり納期は延びます。また手作りの手工芸品のため万一の製作ミスによる再製作の場合、納期が1ヶ月程度延びる場合があります。
ステップ 6

サロン来店・ウィッグお渡し

サロンにご来店いただき、ウィッグのヘアスタイルなどをヘアスタイリストと相談しながら完成させていきます。カットしたウィッグは当日にお持ち帰りいただけます。
【有料事項】毛染めやパーマ、地毛のカットをご希望される場合は別途料金がかかります。費用はナチュラルサロンに直接お支払いください。
【ご自宅直送も可】ご自宅にウィッグ(かつらの)の直送をご希望されるお客様にはカット前の製品をお送りします。

必ず以下の注意事項をお読みください。

ナチュラルサロン以外でカットする場合

 

一般の理美容室でカットする場合は、必ず下記を美容室にお伝えください。


【カットした髪はゴムでしっかり根元を束ねる】

カットした地毛は毛先と根元を同一方向にゴムなどでしっかりと根元を束ねてください。(髪の毛束は小分けにしてもOKです。)
自毛でオーダーヘアピース 地毛で作成するオーダーメイドウィッグ 激安かつら
【ドライカット】

湿っているとカビが生える原因となりますのでドライカットをお願い致します。

また以下の「必ずお読みください」も合わせてご一読ください。

必ずお読みください

必要な自毛の長さ

お預かりする自毛の長さは最低20cm以上必要です。

自毛で作るウィッグの髪の必要な長さ

必要な髪の長さがスタイルによって異なります
基本的にはウィッグに「欲しい毛長さより10cm~20cm長い自毛」が必要です。また枝毛があるとカットしてしまいますので予定より短くなります。

【ボブスタイル】
厚みのあるウィッグが欲しい場合は「作りたいウィッグの長さ×2倍の長さ」の自毛が必要です。

自毛で作るオーダーメイドかつらの構造作り方

髪の長さ:通常のウィッグ

【完成品より長い髪が必要】
髪の毛はベースネットに結び折り返します。完成品の毛長さはお預かりした髪の長さよりずっと短くなります。制作上のかつらの毛長さは短い方を10㎝から15㎝でベースネットに結び折り返します。短い方は最低10㎝必要です。また短い方の髪の長さが10㎝が標準仕様です。

<完成事例>
例)45㎝の長さの髪:長い方が30㎝短い方は15㎝となります。あるいは長い方を35㎝、短い方を10㎝などで作成します。

例)20cmの毛長さの髪:完成する製品の毛長さは10cm×10㎝となります。

例)30㎝の毛長さの髪:完成する毛長さは20㎝×10㎝、または15㎝×15㎝などになります。

≫手作業ですので寸法には誤差がでます。

自毛で作るオーダーメイドかつらの構造作り方 ベースと髪の毛の構造

髪の長さ:ボブスタイル
【ボブ仕様など厚みのあるウィッグ】
髪の毛を同じ長さで折り返してベースネットに植え、ウィッグやヘアピースを作成します。つまり40㎝の毛長さの髪の毛をお預かりした場合、ベースネットに20㎝×20㎝で植えます。ただし頭頂部に植えたものとサイド部分から植えたものは、毛先の位置が同じになりません。当然、植えた位置の違いの長さズレますのでカットで調整してください。

 

必要な髪の量

【製品のタイプによる】
必要な髪の毛の量は、お客様の自毛量や、作成するかつらの大きさ、毛量・頭の大きさなどで、条件が変わってきます。
お客様の髪の毛がナチュラル本部に到着して毛量を確認し打ち合わせさせて頂きます。

<注意事項>
大きめの部分かつら・全かつらを作成の場合や毛量が少ない場合、1回分のカットでは髪の量が足らない場合が多いです。全かつら(フルウィッグ)の場合、2~3回分ほどカットした地毛をためて頂けますと自毛だけでの作成が可能です。ヘアピースは大き目のものでなければ1回カットした毛量で足りる場合が多いです。
【毛量が不足する場合】
工場にある髪の毛(人毛・人工毛どちらも選べます。)を足して作成できます。工場の髪の毛を足した場合も代金は変わりません。※複数回のカットした自毛をためる場合は髪の毛長さが大きく違わないようにしてください。

 

髪の毛の色

【若干明るめになる】
お預かりした髪の汚れなどを除去する処理をしますので、若干色目が明るくなります。またかつら特有の工場での毛染めをしませんのでご自身や美容室でお好きな色に染めることが可能です。

 

カラーリングのタイミング

【いつでもOK】
カラーリングした地毛を送って頂いてもウィッグは作成できますし、完成したウィッグにカラーリングもできます。このようにカラーリングの時期はどちらでもかまいません。≫カラーリングした髪のカラーチェンジでは工場ではできません。

 

地毛に混ざっている白髪について

【白髪は自分で処理】
地毛に白髪が混ざっている場合、工場ではそれを拾って捨てることはしません。そのままウィッグになります。白髪交じりの髪の毛をお預かりした場合、ご自身で抜いてから送っていただくか、製品完成後、ご自身か理美容室にてカラーリングしてください。

 

その他の注意事項

1. 地毛の長期保管は、お客様ご自身にてお願いしております。
束ねた地毛は、通気性のある和紙などで包んで、冷暗所にて保管ください。また髪の状態確認も兼ねて、年に1~2度取り出して風に当ててください。通気性のない密閉容器に入れてしまうと、湿気や汚れが残っていた場合、雑菌が繁殖しカビの原因になります。カビが生えた場合は、作成できません。ご注意ください。

2. 短い毛は処分します。
20cmより短い毛は、ウイッグ作成には、使用できませんので、工場で処分いたします。

3. ウィッグの髪の毛の再利用
お客様のお手持ちのヘアピースやウィッグの髪の毛をほどいて、新しい製品を作成することはできません。

4. 抜けた髪の毛は使用不可
抜けた毛を集めても、ヘアピースやウィッグ作成はできません。

5. ウィッグを制作しなかった場合
なんらかの事情でウィッグを制作せず、しかもお客様の髪の毛をお客様に返却する事情が発生した場合、6000円の手数料を差し引き、製品代金を返却します。
例)地毛の量の不足にも関わらず、工場の手持ちの髪の毛を足してウィッグを制作することを拒否された場合。

6. 損害賠償
万一、運送中の紛失などの事情により、お預かりした自毛でウィッグを作成できなかった場合、3000円のお支払いにて損害賠償とさせて頂きます。ウィッグの製作ミスの場合なども同様です。

自毛で作るオーダーメイドウィッグの実例

地毛で作成したウィッグをご紹介いたします。

【医療用ウィッグ】18歳の女性の為にお友達が髪を提供。

友人のために自毛で作った医療用オーダーかつら

【毛長さ35㎝の地毛】
知人の髪の毛で自分の医療用かつらを作成してほしいというご依頼でした。頂いた髪の毛は35センチの毛長さでした。

【25㎝から30㎝の毛長さで完成】
30センチの医療用かつらの完成品をご希望されました。でも、かつらはベースネットに髪の毛を結んで折り返すので長い方の髪は20センチ程度にしかなりません。そこでご相談し工場の似た髪の毛をプラスして毛長さ25センチから30㎝程度の長さでお作りしました。

※写真は工場で完成した状態のものです。この状態からお客様のお好みの髪型にカットして仕上げます。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【医療用ウィッグ】50代女性が自分の髪で医療用かつらを作成。

50代の女性が自分のために作った自毛で作ったオーダーかつら
【毛量少な目の医療用オーダーメイドウィッグ】
当社の医療用かつらの使用をベースに作成しましたが毛量を少なくしています。50代になってきて髪のボリュームが減ってきたし既存の医療用かつらでは毛量が多すぎるとお感じになっているとのこと。現在の自分の毛量と同じ程度をご希望になりました。

【工場の髪をプラス】
カットしたお客様の髪の毛は1回分のみ、毛長さは35センチ程度でした。それを使って完成した医療用かつらの毛長さは25センチ程度でした。ただし1回分では毛量がご希望のものに不足していましたので、お客様の了解をいただき工場手持ちの人毛をプラスして作成しました。毛量は60%で作成しております。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【医療用ウィッグ】抗がん剤治療を開始するという40歳代の女性

自毛で作るオーダーメイドかつら 地毛で作成したヘアピース
【要望】
抗がん剤治療にて髪が脱毛してしまうから髪を短くショートカットにして、カットした髪の毛を使って医療用かつらをオーダーメイドで作成して欲しいとのご要望です。

【量不足と長さ不足】
カットした髪の毛は1回分では、ヘアピースならできる場合が多いですが全かつらとなると髪の量が足りません。さらに、そこで問題が・・・お客様のカットした髪の毛は20㎝くらいしかありませんでした。髪の毛はほぼ中心部をかつらのベースネットに結んで作成していきます。そのために、できあがったかつらは毛長さが10㎝程度のかなり短いショートスタイルになります。

【お客様の髪を前髪や生え際に使う】
そこで相談した結果、前髪とか生え際などに集中的にお客様の髪の毛を使い髪の毛が不足する部分には工場の手持ちの人毛を使って医療用かつらを作成することになりました。実際に工場でお客様から頂いた毛束を調整していくと実際には20㎝未満長さの髪の毛が半分以上でした。残りの半分程度のお客様の髪の毛を医療用かつらのベースの前髪や生え際部分に植えていき完成した製品がコレです。
≫製品はカット調整前の状態です。この状態からお客様のお好みのスタイルに仕上げていきます。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【奥様の地毛】ご主人のオーダーメイドかつらを作成。

奥様の髪で旦那様のかつらをつくった 自毛で作るオーダーメイドかつら 地毛で作成したヘアピース
【奥様の自毛を提供】
オーダーメイドかつら用の髪には最低20センチ以上の長さが必要なので女性が髪を提供する場合がほとんどです。その場合、お母様のウィッグを作成するパターンが多いのですが、今回はご主人のフルオーダーメイドかつらを作りたいということで奥様は地毛をカットして持ち込み、ご主人はナチュラルサロンで型どりしました。

【充分な長さと量のウィッグが完成】
男性はナチュラル株式会社のリピーターでした。
今回奥様から提供される地毛の長さは25センチから30センチということで男性用かつらには充分な長さがありました。完成してきた「オーダーメイドかつら」の髪長さは15センチから20センチでした。
≫お客様のご希望:15㎝の長さの状態で完成したい。
≫製品はカット前の写真です。
≫奥様の地毛は写真のように束にしてありますが、もうすこし整えていただくと助かります。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【お嬢様の自毛】でお母様の医療用かつらMQ600を作成。

娘の毛髪でお母さんの医療用かつら 自毛で作るオーダーメイドかつら 地毛で作成したヘアピース
【抗がん剤治療】
ご病気で抗がん剤治療(化学療法)をされるお母様の為に、医療用全かつらMQ600タイプを作りたいとご相談ありました。

【毛長さ30㎝の髪】
お嬢様の毛長さ30センチの髪を提供して頂きました。それを利用して医療用全かつらを作成しましたので、髪の長さは15センチから18センチ程度です。いただいた髪の長さは30センチ程度あるのですが医療用かつらのベースネットに髪を結んで折り返すので、医療用かつらの髪の長さは半分程度になります。写真のようなショートカットの医療用かつらに仕上がりましたが充分な長さかと思います。

【髪の不足への対応】
お嬢様の地毛の量は1回カットした分だけだったのと、使える髪は頂いたうち半分程度で少なかったのです。つまり自毛だけでは医療用ウィッグを作るのに毛量が不足していました。そのためお客様と相談し、工場の手持ちの髪でお客様の髪質に似ているものを選びお嬢様の髪にプラスして医療用かつらを作り上げました。
≫仕様は女性用メディカルクイックMQ600と同じです。
≫製品はカット前のものを髪のない当社のマネキンに乗せて撮影したものです。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【お嬢様の自毛】ご病気のお母様の全かつらを作成。

娘の毛髪でお母さんの医療用かつら 自毛で作るオーダーメイドかつら 地毛で作成したヘアピース
【髪の長さ20㎝】
頂いた髪の長さは20センチ程度だったので、女性用オーダーメイドかつらを作成するにはギリギリの長さでした。さらに頂いた髪は、1回分のカット量しかなったので全かつらを作成するには髪量が不足していました。そのため、お客様と相談し工場の手持ちの人毛の中で似たようなものを選びお客様の髪にプラスして完成させました。お母様が喜んでいただけたら嬉しいです♪

 

自毛で作るウィッグ申込み

【お嬢様の自毛】お父様の部分かつらを作成。

娘の毛髪で父親の医療用かつら 自毛で作るオーダーメイドかつら 地毛で作成したヘアピース
【髪の長さ60センチ】
カットしたお嬢様の自毛の長さは60cmもありました!お父様のフルオーダーメイド部分かつらを作るには十分すぎるというかもったいないくらいの長さでした。またお父様は毛量が少ない部分かつらをご希望でしたので1回かっとした自毛のみでご希望の部分かつらを作成できました。

≫白髪をプラス(白髪は人工毛)しています。
≫写真はカット前の製品です。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【お客様の自毛】オーダーメイド部分かつらを作成。

自分の髪の有効活用 オーダーウィッグを地毛で作る
【お客様自身の髪】
お客様自身の髪で女性用フルオーダーメイドウィッグを作成しました。髪のカットをし、頭の型どりをして自毛とともに型を工場に送りました。

【他人の髪は気持ち悪い】
お客様は「他人の髪は気持ち悪い」とおっしゃってウィッグのサロンサンプルも触れることはないお客様でした。ですので、ウィッグ作成の際、地毛の量が足らなかったら人工毛を足してくださいと言われていました。今回ご依頼の部分かつらのサイズが小さかったのと髪の量が充分だったので自毛のみで部分かつらを作成できました。よかったです。

≫髪が傷んでいる場合には毛先をカットするので短くなります。
≫写真はカット前です。この状態からお客様と打ち合わせしながらカットしていきます。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【73歳女性】オーダーメイド部分かつらを作成。

自分の髪の有効活用 オーダーウィッグを地毛で作る
【白髪を活かしたウィッグ】
73歳の女性から地毛を送って頂きました。白髪がとても多いのですが、それを活かして現状のまま使いたいというご希望でした。カット1回分の毛量だったせいもあり女性用フルオーダーメイド部分かつらを作成するのに髪の量が不足していましたので、お客様と相談し工場の髪を足して作成しました。

≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットして短くします。
≫写真はカット前です。この状態からお客様と打ち合わせしながらカット&スタイリングしていきます。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【医療用ウィッグ】抗がん剤治療の為、医療用かつらを作成。


【毛長さ55センチ】
抗がん剤治療をするため髪が抜けるので長い自分の髪の毛をカットして医療用ウィッグを作りたいというご要望でした。頂いたお客様の自毛の束は55㎝程度の毛長さでした。それを利用して医療用全かつらを作成しました。その際にはお客様の自毛だけでは毛量が不足していました。そこでお客様と相談し、工場の手持ちの髪でお客様の髪質に似ているものを選びお客様の髪にプラスして全かつらを作成しました。

≫髪が傷んでいる場合には毛先をカットするので短くなります。
≫写真はカット前です。この状態からお客様と打ち合わせしながらカット&スタイリングしていきます。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【フルウィッグ】毛長さ30㎝の全かつらを作成。


【毛長さ30㎝のウィッグを希望】
頂いたお客様の髪は長いところで30㎝でした。毛長さ30㎝の女性用フルオーダーメイドウィッグをご希望でした。しかし、かつらは髪をネットに結ぶので30㎝の髪を頂いても片側20㎝+片側10㎝などの毛長さになります。とてもお客様のご希望のウィッグは作れません。そこで、お客様の髪は前髪や頭頂部、サイド部分などに使用し工場手持ちの人毛を使ってフルウィッグを作成しました。

【30㎝の部分は工場手持ちの髪】
毛長さ30㎝欲しい部分は工場の手持ちの髪の中でお客様の髪質に近いものをチョイスし全かつらを完成させました。毛長さ30㎝の全かつらを作成するには、毛長さ45㎝の髪を使用し、ベースネットに片側30㎝+片側15㎝のような植え方をします。

≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットするので短くなります。
≫写真はカット前です。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【毛長さ最低25㎝希望】オーダーメイド全かつらを作成。


【毛長さ最低25㎝のウィッグが欲しい】
お客様のご希望は毛長さが最低25㎝あるフルオーダーメイド全かつらを作りたいというものでした。お客様から3束の長さの違う髪を頂きましたが、短い毛束は長くても15センチしかなく使用できませんでした。頂いた自毛の中で43㎝の毛束のものがありましたのでそれを使用して全かつらを作成しました。

【工場手持ちの髪を足す】
また自毛だけでは、全かつらを作成するのに不足でした。全かつらを作成するには2~3回分カットした地毛が必要になることがほとんどです。
その為、お客様のご承認を頂き、お客様の髪質によくにた「工場の人毛」を足して全かつらを作成しました。

≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットするので毛長さが短くなります。
≫写真はカット前です。この状態からお客様と打ち合わせしながらカット&スタイリングしていきます。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【1回カットの髪】オーダーメイド部分かつらを作成。


【ヘナ染めの髪】
このお客様の特徴的なことは、白髪をヘナで染めていらっしゃることでした。その為に白髪がオレンジ系の色に染まっていました。その自然さを保ったフルオーダーメイドウィッグを作りたいというご要望でした。

【オレンジ色の人工毛を混ぜる】
実は、オーダーメイドかつらの白髪は人工毛で作成します。その理由は、髪が退色してきて毛染めが必要になった場合、白髪が人毛だと白髪まで染まってしまい真っ黒になってしまう為です。つまり、このお客様の場合、毛染めをするとオレンジ色の髪が黒く染まってしまって全体が黒く染まってしまうことになるのです。お客様と相談した結果、オレンジ色の人工毛を5%混ぜることにしました。

【退色しても自然】
黒髪が退色した際に毛染めをしても、白髪をヘナ染めしたような雰囲気をもったままの状態の部分かつらを作成することができました。

≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットするので短くなります。
≫写真はカット前です。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【根元が黒い毛染め髪】オーダーメイド全かつらを作成。


【根元だけが黒い髪】
お客様自身の髪の毛でフルオーダーメイド全かつらを作成しました。毛染めをされていましたが、髪の根本は写真のように黒い色でした。黒いところと染めたところは、このように色合いが違います。

【自然に仕上がりました】
かつらの髪は1本の髪をベースネットに結んで植えていきます。その為に、根本と毛先がウィッグでは同じ毛先の位置に来ます。その為このように色合いが違っても見た目違和感なく自然な感じに仕上がりました。

≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットするので毛長さが短くなります。
≫写真はカット前です。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【白髪の髪】オーダーメイド全かつらを作成。


【1回分で全かつら完成】
全かつらは沢山の髪量が必要になる為に通常は,長く伸びた髪を2~3回カットして提供して頂きます。その為に、自分の髪を保存していただいて気長に作成することになる場合が多いです。このお客様の場合は、珍しく1回のカットにてフルオーダーメイド全かつらを作成することができました。

【毛量が多かったから】
1回カットした髪の毛だけで全かつらが作れた理由は、お客様の毛量が多かったからです。さらに毛密度が少ないウィッグが良いというご要望もその理由のひとつです。

【白髪だったから】
白髪である為に、毛密度が少なくても黒髪より自然に見えるということも重なって1回分の毛量で全かつら作成が実現できました。

【シルクネットで優しく】
このお客様、地肌がとても敏感だというお申出がございました。そこで、全かつらの裏側に柔らかいシルクネットを1枚プラスして地肌にやさしい仕上がりと致しました。もちろんお値段は170,000円(税抜き)のワンプライスです。

≫自毛で全かつらを作成する場合、1回のカットの毛量では髪が不足する場合が多いです。その場合、お客様の髪質に近いものを工場の髪の中からプラスして作成することができます。
≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットするので短くなります。
≫写真はカット前です。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【美しい黒髪】オーダーメイド全かつらを作成。


【2回分の髪でつくる】
写真を見ただけでわかるようなとても品質の良い黒髪をお持ちのお客様でした。完成したウィッグに天使の輪が出来ていますね。ご自分の髪を1回カットし保存しておいて、年数を経過してさらにもう1回髪をカットして2回分の髪をお送り頂きました。ご自身の黒髪なのでとてもきれいで自然なフルオーダーメイド全かつらを作成することができました。

≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットするので毛長さが短くなります。
≫写真はカット前です。

 

自毛で作るウィッグ申込み

【髪長さ110㎝】オーダーメイド全かつらを作成。


【1回分のカットで完成】
この女性は、ご自分の毛量が多かったのと短い髪が少な目でしたので原毛を通常より多く使うことができました。さらに毛量が少な目のものがご希望でしたので、1回分のカットの髪にてフルオーダーメイド全かつらを作成することができました。

【ボブスタイル】
かつらの髪はベースネットに髪を結ぶので1本の髪を折り返して植えます。その際、例えば80㎝の長さの髪であれば長い方が50~60㎝、短い方が20~30㎝という長さになります。ですが、このお客様の場合には、同じ長さで折り返して植えて欲しいというご要望でしたので、ボブスタイルにしています。

【毛長さ45センチで完成】
ご希望は毛長さは45㎝ということでしたので、痛んでいる毛先を10センチほどカットして全かつらを作成しました。
もちろんお値段は170,000円(税抜き)のワンプライスです。

≫自毛で全かつらを作成する場合、1回のカットの毛量では髪が不足する場合が多いです。その場合、お客様の髪質に近いものを工場在庫の髪の中からプラスして作成することが多いです。
≫髪が傷んでいる場合、毛先をカットして短くします。
≫写真はカット前です。この状態からお客様と打ち合わせしながらカット&スタイリングしていきます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
お支払い
とご注文