ウィッグのナチュラル株式会社

メニュー

写真で見るウィッグ・かつらの被り方

写真で見るウィッグ・かつらの被り方

部分かつらの場合は、ピンか両面テープで、薄毛の部分が隠れるように位置を決めてつけるようにします。
一番かっこよく見える場所につけましょう。

部分かつらウィッグの前後左右を間違えないように頭に置いてください。
また、生え際の位置決めが間違っているとかっこよくつけることができないことになります。サロンで美容師さんと一緒に決めた「かつらをつける位置」を変えると良くないです。つける位置が間違っていると、前髪が短くなったり、薄毛部分が全部隠れないなどということになります。上手く被れない時に、よくある失敗です。

つけて見たときに、ピンがなんか心もとない、ぐらぐらするなど不安がある場合は、ピンをつける部分の自分の毛量が少なすぎる場合が多いです。
その時は、ピンがしっかり自毛をかんで、ゆらゆらしない場所(しっかり毛量のある場所)にピンを移動させてください。

ピンのつけ方 ピンの4隅の小さな穴に普通の縫い針と黒色の木綿の糸もしくは、透明の糸(手芸店などで市販されています)で3回4回ほど針を通し、玉止めで縫えばいいです。縫い付けるのが難しい場合は、ナチュラルサロンで代行することができます。
もしくは、修理で本部に送っていただいもかまいません。(有料1個1100円税込み。送料は別途往復必要です。)

全かつら全頭ウィッグの場合の被り方は髪がある場合、以下のように手順コツを説明しましたので、初めての時は、このページを見ながらゆっくり被ってみてください。

うまく被れない時は、ナチュラル本部へお電話でお尋ねください。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
お支払い
とご注文