かつら・ウィッグの上野サロンからのニュース

かつらの装着に両面テープを使用しないケース




2012,08,13

オーダーメイドかつらの周囲部分には、通常NPUというウレタン素材を使うのが一般的です。

これは、かつら用のピンをとめることも出来ますし、両面テープを使用することもできるためです。

また、かつらの形を保つ役目もあります。


このNPUを使用しないで、フルオーダーメイドかつらを作成することもできます。

ナチュラル株式会社では、ベースネットにMONOネットを呼ばれる目の細かくて耐久性の強いネットを使用することが多いです。

かつらの周囲にNPUを使わず、このMONOネットを5ミリ程度折り返して終了です。


両面テープを使用しないユーザー様のためにはお勧めです。

かつらを装着するピンは、ベースネットに直接、糸で留めます。


この仕様だと、かつらの周囲素材のNPUがないため通気性も良くなります。

かつらの重量も軽くなります。




onoikuo かつら・ウィッグの上野サロン、東京都台東区根岸