ナチュラル(株)連絡先かつら・ウィッグ|オーダーメイド
かつら・ウィッグのご注文とお支払い

初めてのお客様へ

フルオーダーメイドかつら・ウィッグ 医療用かつら ヘアピース 通販専用商品 その他 選ばれる理由 かつら・ウィッグご注文の流れ 4つの特別価格 かつら・ウィッグ入門 【サポートセンター】TEL:0120-976012又はTEL:092-400-157 Mail:wig@natural.co.jp ナチュラルのアウトレット商品 初めての「かつら」連続レポート お客様からのお喜びの声 ピンクリボン運動を応援しています!ナチュラル(株)では乳がん啓発運動を応援しています!!
お友達紹介キャンペーン!プレゼントを差し上げます! ネットで完結!分割払い!Webショッピングローン 携帯用ホームページ
QRコード
▲オーダーメイドかつら▲
http://www.naturalwig.net/
ナチュラル(株) かつらのコラム
カツラ・ウイッグのピンについて

韓国製と中国製
カツラ用のピンは歴史のある韓国製が主流に流通しています。
中国製の方が少し安いのですが韓国製の方が評判は良いようです。
中国製は韓国製より少しピンの脱着固めです。
固めの方が固定力が強いように感じますが、韓国製の方が、製品の総合力が高く評判が良いのです。
韓国製の9本ピンが日本では主流で流通しています。
このピンは平らなところに置いて、中心部分を押してもピンが開いてしまうことがありません。全体に柔らかいのです。
そのために、頭を固いものに押し付けた際にも「パチン」と外れてしまうことがないのです。
(中国製は8本ピンなどがあります)
かつら・ウイッグ用ピンの形状
いくつかあるのですが、当社で取り扱っている2タイプが主なものです。
このサイズで大小あるのですが、当社ではスタンダードタイプは韓国製の9本ピンを使用しています。
小型のものは平らなピンを使用しています。
小型のものに平らなピンのタイプを採用している理由ですが、押さえる面積が広くなりより留めやすくなるためです。 韓国製ピンの写真
ピンの歴史
最初のピンは平らなピンが開発されました。
しかし世界中でかつら・ウイッグに使用していくうちに、
黒人の細かいカールの髪には外れやすく合わないことがわかってきたのです。
次に開発されたのが、現在の9本ピンの原型となるタイプです。
これはピンは現在のピンと同じような型ながらピンの下地のステンレススチールを斜め形状にして留めやすくしたものです。
しかしこれはワイド方向のサイズが大きくもう少し小さいものが要望されたのです。

そして現在の9本ピンが開発されました。
日本のかつら・ウィッグのピンはこの9本ピンがほぼ主流となっています。
以上の歴史なので、最初に開発された平面タイプのピンは黒人からクレームがおきましたが、
日本人には相性の良いタイプのものなのです。
※記事内容・情報はコピー・転用を禁止します。加工しての転用も同様です。
▲ページのTOPへ