かつら・ウィッグの名古屋サロンからのニュース

お客様の自毛で医療用かつらを作成しました。




2013,01,28









抗がん剤治療をするので、髪が抜けてしまう。それで自毛で医療用かつらを作成したいというお客様からオーダーを頂きました。

ナチュラル株式会社では、お客様の自毛でいろんなウィッグ・ヘアピースなどを作成するサービスをもっています。


お客様は「自分の髪はけっこう長い」「毛量もけっこうある」とお思いでした。

しかし頂いた髪の長さは20僉腺横記僂任靴拭

かつらを手作りで作成する際には、ネットに手作業で髪を結んでいきます。

考えていただければわかると思うのですが、髪をネットに結んで折り返すのです。

ですから単純に考えて、20僂糧韻世辰燭虧喞垢気錬隠哀札鵐舛砲覆辰討靴泙い泙后


それと、髪の束を実際に解いてみると、短い髪もたくさん混ざっているのが現実です。

場合によっては半分近くが使えない髪で捨ててしまうこともあります。



このお客様の場合も、髪量が少なく、工場の毛を足さなければ全かつらを作成できない事を説明しました。

お客様と相談した結果・・・

自毛は前髪などのお顔周辺を集中させ、それでも余った自毛を襟足に使い、頭頂部などの長い毛は工場の毛を使うことになりました。

そうすることで、自毛をカットする前のご自身のスタイルに近いスタイルを作ることができたという事です。


お客様が、ご納得の医療用かつらを作成することができて良かったです♪



onoikuo かつら・ウィッグの名古屋サロン、愛知県名古屋市