かつら・ウィッグの京都サロンからのニュース

かつらの裏側にはどこにでも両面テープを貼るようにできます。




2013,03,25


たいがいのかつらには、製品の裏側に両面テープを貼れるように、ウレタン素材が貼り付け&縫い込んであります。

よくあるパターンは、フロント部分に髪が無くなってきたので、フロントを両面テープで留めて、側面から後頭部にかけてピンを4本使用するというものです。

このウレタン素材・・NPUと呼んでいます。


両面テープが、とてもよく張り付く素材なんですよ。

このNPUの製造方法なんですけど、液体のウレタンを重ね塗りして作成するんです(^^

本当の手作りなんです♪


だからどんな形状でも(といっても3Dは無理です)作成することができます。


通常は15ミリ幅とかで、オーダーメイドかつら(特に部分かつら)の周囲にぐるりと回して取り付けることが多いです。


ちょっとイレギュラーなものになると、ピンとか両面テープとかをとりつける場所だけ大きくして・・例えば5センチx3センチとか・・

その他の部分を5ミリ幅で作成するなんてことも、けっこうアリです。



また、時々あるのですが、頭頂部の裏側の部分にテープを貼りたいので、そこにNPUを取り付けることができるか?というお問い合わせも頂きます。

もちろんOKです。

最初に書いたように、手作りで作成しますので、大きさも制限はないです。


どうぞナチュラルサロンでお客様の好きな仕様でNPUの指示をください<(_ _)>


onoikuo かつら・ウィッグの京都サロン、京都府京都市