かつら・ウィッグの京都サロンからのニュース

最近の人毛の値上がりについて



2012,04,16


人毛のかつらの髪の毛は、中国にて調達しているものが多いのです。

しかし最近の中国の発展とともに、良質な人毛が少なくなったことにより人毛の髪がかなり高くなってしまいました。

工場の中には、かつらを売るより髪を買って寝かせておいたほうが商売になると言う人がいるほどです。

髪が高価になると値上がりするのを待って売り渋りをする業者まで現れています。


それに伴いミャンマーやベトナムなどからも仕入れをしているのですが絶対量が不足しています。

ナチュラル株式会社ではオーダーメイドかつらは、髪長さ40センチまではワンプライスで販売していますが遠くない将来、髪の長さごとに価格を決めなおさないといけないかもしれません。


また髪長さ40センチを超えるご希望のオーダーメイドかつらについては、特注で増し金を頂いて作成していますが、その価格もかなりあがっています。

工場の手持ちのあるなしもあるので、その都度、工場と価格を打ち合わせしながら追加のお値段をお客様にお応えしていますが、髪の長いものほど値上がりが激しいです。


中国の人件費の高騰もありますし、総手植え100%、人毛100%のかつらはとても原価があがってきています。

現在円高となっていますので値上がりを吸収していますが円安に振れたときには、いずれかの時点で値上げをせざるを得ない状況になると思われます。

かつらをお考えのお客様は、はやめのご購入をお勧めいたします<(_ _)>


onoikuo かつら・ウィッグの京都サロン、京都府京都市