かつらに関するニュース

かつらは毛量を少な目が自然です・・男性用




2015,12,21


みなさんは、オーダーメイドかつらを制作する際に毛量はどうやって決めていますか?

サロン担当者にお任せ?自分で細かく指示する?


かつらの毛量って多い毛量で作りがちですよね。そう思いませんか?

だって、いざ作ってから毛量が少ないと言われりゃ増毛のために工場に再度出さないといけません。

となるとお客様に納品できませんよね?

これくらいかなと思われる毛量より多めに注文して、それでよい感じに仕上がればそれでヨシ!!

もし多めの毛量だなということになればカットすれば良いわけです。


もちろんピッタリの思った通りの毛量の製品に仕上がればこのうえ良いことはありません。

でも人の思う毛量ってなかなかぴったりとはいきません。


だって毛の太さの違いや白髪の入り具合など・・そしてカットの具合、ブローの具合でも多く見えたり少なく見えたりするのが毛量です。

難しいものなのです。


ところで、毛量が多いと、「かつらっぽく」見えるから要注意です。

かつらメーカーの毛量って、そのメーカーごとに違います。

つまりAというかつら会社で80%でかつらを制作してもBというかつら会社の80%とは毛量が違うのです。

ややこしいですよね(><)


当社のかつらの毛量って他の会社のものより一般的に多めのようです。


ですのでサンプルを見たりして毛量を決めていくしかないわけなんです。


その毛量は、自分で考えているより少な目・・・で作るのが自然に見えるコツです。

オーダーメイドかつらが完成してきて納品。そしてそれから1年経過・・・それくらいが適度にかつらの髪が抜けてきて・・


ちょうど良い感じ

になるのではないでしょうか・・・


分け目の毛がやや抜けてきた・・・いやあ鏡を良くみてください。とても良い感じではないですか?

かつらの納品時って理容室に行って髪を切り、カチッと仕上げたような状態のものになる場合があります。

それじゃイヤでしょ?



特に50代とかなってくるとあまりに毛量が多いかつらは、なんとなく不自然。

当社でいうと・・毛量60%とか50%程度の毛量で良いのではないかと思います。

そしてつむじまわりなどは、さらに10%くらい毛量を減らしたものが良いかと思います。


全体的に、かつらを作成されるお客様は、毛量を増やしたがる人が多いので、自然さという観点から見ると、ちょっとねという場合が多いです。


まあ、かつらの髪はブラッシングなどで、だんだん抜けていくので新品時は毛量が多すぎくらいに作っておいて出来るだけ増毛修理までの時間経過を稼ごうというお客様もいらっしゃいます。

それはそれで「自然さよりも長く持つ耐久性」を優先されているのですから、そういう考え方も「あり」ですね。


とりとめのないお話しになりつつありますが・・・

結論は、「自然さを優先するなら毛量は自分で思ったより少な目にするのが自然ですよ」というお話でした。m(__)m



onoikuo かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP