かつらに関するニュース

男性のかつらバレで良くある注意点




2015,01,19


オーダーメイドかつらの中でもショートカットタイプの製品は、かつらバレしやすいものです。

つまり女性のショートカットの全かつらや、男性の全かつらはかつらバレしやすいので製品の髪型やカットも難しいものですしお客様の注意も必要です。






全かつらの例ですが、このように後頭部の髪が跳ねているとかつらバレしやすいです。

全かつらは、ベース部分がネープの近くまで・・一般的には「ぼんのくぼ」と呼ばれるところまでの大きさがあります。

そのために、最初はきれいな髪型で装着していたものが頭を前後することによって、後ろの髪が跳ねてしまうのが一般的です。

時々ネープ部分の髪を手で押さえてあげると良いでしょう。


この製品は前からみた感じもとても自然で分け目やつむじ部分も自然に仕上がっていました。

ところが自分の後ろ姿は自分で見ることができません。

自分の目から直接、鏡を通して見える姿は自然に見えてもこのように後ろから見ると、ネープあたりが不自然になっている場合が多いです。






もうひとつは、自毛に白髪が多く毛染めしている場合です。

かつらは黒髪で作成して、自毛を毛染めしている場合には最初は自然ですが・・・自毛の白髪染めは半月くらいでどんどん白くなっていきます。

それを面倒臭がっていると、白髪の頭の上に黒いかつらが乗っかってる状態になり、かつらバレにつながります。


自毛の白髪染めは、こまめに行い、かつら装着した際の違和感が発生しないうちに対処しましょう!


onoikuo かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP