かつらに関するニュース

かつらの髪の長さで知っておいて欲しいこと




2014,06,30


あまり問題になることはないのですけど、たまに問題になることのひとつに髪の長さのことがあります。

どういうことかというと、かつらの髪の長さって長い髪と短い髪が入っているように見えるのです。

これはそういう作り方をどの工場も基本としているからです。



問題になるのは、ボブスタイルにしたかった。というときです。

ナチュラルサロンでスタイリストと打ち合わせをしていただく場合には問題ないのですが、ナチュラル本部にオーダーメイドヘアピースや貼るかつらなどオーダーメイドで注文される場合には注意してください。

すべての髪が同じ長さになるようにするには、通常より長い髪を使う必要がでてくるので、増し金が必要になります。




・かつらのベースへの1本の髪の植え方

かつらベースに髪を植えるということは、1本の髪をかつらのベースに結んで折り返すということになります。

その際に髪の長さの振り分けは、片側の髪の半分の長さを折り返すというのが基本になります。

たとえば45センチに髪をベースネットに結んだ場合、片側の髪の長さが30センチ、ベースネットに結んで折り返した長さが15センチになります。

もちろん職人が手作業でやるので、だいたいの目安です。長いほうが30センチより長かったり短かったりしますし・・

短いほうもそれによって長くなったり短くなったりします。


また中には、折り返しを15センチ程度と設定している工場もあります。

たとえば、片側を40センチで折り返しの髪の長さを15センチとするなどがあります。


このような植え方が基本となっているのが「かつら」です。

もしボブスタイルでしたら、折り返しの髪の長さも同じにしないと作りにくいと思います。


そのような場合には、折り返しの髪の長さも同じにするという方法が可能です。

しかし特別にご指示いただかないといけません。

ご指示いただけば・・たとえば30センチの髪の製品であれば、60僂糧韻鬘械哀札鵐舛寮泙衒屬靴砲靴謄ーダーメイドかつらを制作します。


製品を受け取ってから、自分の考えていた髪型ができない!ということにならないようにスタイリストとよく打ち合わせをお願いします。

また通販のオーダーメイド商品で、商品受け取り後に自分で製品をカットして作りこんで行く予定の場合には、事前にナチュラル本部と相談することをお勧めします。


onoikuo かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP