かつらに関するニュース

人工毛でオーダーメイドかつらを作成する場合の注意のひとつ




2013,10,14

ナチュラル株式会社ではオーダーメイドかつらの髪には自然な人毛を推奨しています。

ですが、もちろん人工毛もご用意しています。

人工毛には一般の人工毛、耐熱人工毛と2種類の髪をご用意していますが一般的には耐熱人工毛を使用しています。


購入されるお客さまのほとんとは弊社推奨の人毛のかつらをお作りされるのですが人工毛をお望みで人工毛でお作りされるお客さまもいらっしゃいます。



◇人工毛と人毛のサンプル



左側が人工毛で右側が人毛です。

違いがわかりますか?

左側の人工毛は髪がまっすぐで、色目が単一です。

それに比べて右側の人毛は、髪が曲がっています。人の髪ってストレートパーマでも書けない限りこのようにカールがついていますよね。

それと例えば5#の色でも、いろんな色が混ざって5#の色目を出していることが人工毛とは違います。

下記の写真を見てください。これが人毛の写真です。







このようにいろんな色目が混ざってますし同じ1本の髪でも単一には染まっていません。



このように人毛であればいろんな色を混ぜて作成するのがオーダーメイドかつらです。

もっと単一の色にしたいのであれば美容室で毛染めをしてください。


また人工毛でオーダーメイドかつらを作成する場合には、いくつかの色を混ぜると自然な風合いになります。

例えば5#色のオーダーメイドかつらが欲しい場合、5#色だけで作成するのではなくて4#や6#の色目を混ぜると自然に見えるのです。



onoikuo かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP