かつらに関するニュース

ミャンマーのヤンゴンで井戸の寄贈を開始しました。




2013,08,19


ナチュラル株式会社は、2013年6月度からミャンマーのヤンゴン郊外に井戸の寄付を開始しました。

毎月1つの井戸を寄贈し2013年度12月まで、7つの井戸を寄付します。





今回、6月度に寄贈した井戸の写真をアップ致します。

手動の井戸ではなく、電動の井戸となっています。

地下水の位置が深くで手動ではムリでした。



ナチュラル株式会社では、オーダーメイドかつらを販売していますが、その中の一部はミャンマーのヤンゴン郊外のかつら工場にて製作しています。

ミャンマーの水事情はまだ劣悪です。

工場の従業員たちは、工場で寝泊まりしている平日は良いのですが、土日に実家に帰るとお腹を壊します。

だから月曜日の工場はお腹を壊している従業員が多いのです。


お腹を壊す従業員の実家にはヤンゴン郊外という場所ながら水道もありません。

その従業員たちの生活を少しでも改善することに協力することにしました。

よい環境でよい仕事をしてもらいたいからです。


ミャンマーのかつら工場の従業員たちは、本当にすれていません。

目があうと「ミンガラバー」(こんにちは)と挨拶してきます。

こちらから「ミンガラバー」と挨拶すると、はにかんで、「ミンガラバー」って言って手を合わせて挨拶してくれます。


急速に発展しているミャンマーですが、まだまだ電気・水道・ガスなどのインフラが整っていないのです。



ナチュラル株式会社では、私たちにできること・・・身の丈にあった社会貢献活動を実行していきたいと考えています。


onoikuo かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP