かつらに関するニュース

ミャンマーのヤンゴン郊外に井戸の寄付を開始しました




2013,07,01





ナチュラル株式会社では、2013年6月度より12月の間、毎月1つづつミャンマーのヤンゴンに井戸の寄贈を開始しました。

写真は、寄贈する井戸用の銘板です。


ヤンゴンはミャンマーの首都です。

しかしながらヤンゴンの中心街を覗いた周辺地域には水道がない場所が普通にあります。

つまり水も電気もない地域が首都とはいえ多数存在しているのです。


どうして井戸をヤンゴン郊外に寄贈することになったのか・・・


実は、ナチュラル株式会社はヤンゴンのかつら工場から商品の一部を仕入れています。

そのかつら工場は郊外にあるために従業員は、劣悪な水道環境にあるのです。

そこで、その従業員の生活改善の為にかつら工場の従業員の住む地域に2013年度、6月より毎月一基の井戸を掘って寄付することとしました。


かつら工場には井戸があるので(といっても日本人が飲めるレベルの純度ではありません)従業員はお腹をこわしません。

土日に自宅に帰って水を飲むので月曜日に出社するとお腹を壊して仕事にならない従業員が多数います。

そのミャンマー人の若い従業員の生活改善に役立てようとするものです。


親日のミャンマー・・かつら工場に勤務する従業員たちの自宅周辺に井戸があれば土日に地下水を井戸で飲むことができます。

ちいさな民間慈善事業ですが、親日のミャンマーの人たちが、もっと親日になってくれればと思います。




onoikuo かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP