かつらに関するニュース

自毛でかつらを作る場合、キューティクル付のまま作成します



2009,08,16

昨夜は、メール相談で、ナチュラルのブランド「naturalstyle」で、かつらを作りたい。

それも自毛でつくりたいのだけど、キューティクル付で作るのか?と質問がありました。

どこかで、キューティクル付だと長持ちするということを聞かれたようです。


結論からいうと、ナチュラルの「自毛でかつら」はキューティクル付です。

ですのでとても自然ですし自分の髪と同じものですからなじみもとても良いのです。


<注意事項>

・かつらは髪をネットに結んで作成します。そのためにキューティクルを全体に残したままだと折り返した髪のキューティクルの方向が逆になるので髪が絡みます。

 その為に折り返した髪のキューティクルははがします。

・通常のかつらは髪の色を抜いた上で毛染めをします。

 それも特殊なかつら特有の毛染めの方法なので、月日が経過するとともに人毛の色が退色します。
 
 その為に数ヶ月に一度毛染めが必要です。もちろん毛染めをすると髪が痛みます。

 「自毛でつくるかつら」の場合、毛染めをしません。そのままのレミーヘアーの状態でかつらを作成します。
 
 ですので、退色がほぼありません。

 毛染めも、明るくも暗くも自由に出来ます。もっとも毛染めをすると髪が痛みますのでお勧めしませんが。


自分の髪の毛でかつらをつくるととても上質のかつらをつくることができますのでお勧めです♪

自毛でかつら


かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP