かつらに関するニュース

髪の毛の量が少ないかつら




2010,11,06

かつらをご使用のお客様によっては、髪の量が少なめの製品をお望みのお客様もよくいらっしゃいます。

特に男性のお客様で部分かつらのお客様に多いです。

年相応に見られたいというお気持ちでそのようなご要望をお持ちです。


このように毛量が少ない場合のかつらには、オーダー時の注意点があります。

それは、ベース生地が違うものを貼り合わせたつくりにしないということです。

ベース生地が違うものになるとそのつなぎ目がどうしても目立ちます。

かつらバレの原因になります。


毛量が少ないかつらの場合は、全体をウレタンで作成するとかナチュラル独自の「BOOM」で作成するということが適切です。

または、目の細かいMONOネットで全体を作成する場合があります。

この場合は、リアルな地肌とは言えないですので自然さに対するお客様それぞれの許容範囲がどれくらいかという判断になります。


ナチュラル株式会社のお客様では、毛量を40%など極端に少なめにオーダーされる男性の年輩のお客様が多数いらっしゃいます。

ベース生地による自然さはナチュラルサロンでお確かめになりご判断をお願いします。


かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP