かつらに関するニュース

自毛でつくる全かつら




2010,10,15


昨日に続いて自毛で作成するかつらについてのお話です。

ナチュラル株式会社では自毛(地毛)で、オーダーメイドかつらを作成するということを実施しています。

その際、全かつらを作るときが問題になります。


普通のヘアピースやつけ毛ならば問題にならないのですが、全カツラを作成するとなると1人分の髪では髪量が不足するのです。

つまり「自毛が長いのでそれをカットして全かつらを作成しよう」と考えても1回分では不足するのです。

もちろん毛量が多い人少ない人でその必要量はかわりますし頭の大きさでも必要量は変わります。

一般的には3人分程度の髪の量が必要になります。


自分のカットした髪を頂いても、それを間引きします。

すると3割とか場合によっては半分近くを捨てることになります。

自毛には結構短い髪も入っています。使えない髪を間引きするのです。


自毛で全かつらを作成する場合には、全量を自毛でつくらないという方法をとる選択肢があります。

つまり全かつらの中にできるだけ自毛を使うという折衷案です。

自毛で不足する毛量は工場手持ちの髪で、自毛に似たものを追加で使用して全かつらを作成するのです。

この方法なら、何年もまたずに1回分の自毛で全かつらを作成することができます。


いかがでしょうか?お客様のお考えによって、自毛でかつらを作る方法を選択して作成してください。


かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP