かつらに関するニュース

中国での車に対する感覚



2010,06,04


中国ではドイツのフォルクスワーゲンが古くから進出しており一時は50%以上のシェアがあった時期があります。

もちろん今でもフォルクスワーゲンが多く走っておりタクシーなどはとても多いです。


ブランドづくりが大事だと思ったのは中国人の車に対するイメージを聞いた時です。

日本ではカローラよりフォルクスワーゲンゴルフの方が価格が100万円ほど高いです。

ですが中国ではカローラの方が高いそうです。


ですので、中国の方に伺うと「カローラに比べてフォルクスワーゲンのセダンのほうが安物」だそうです。

価格も安いそうです。


先日、中国のかつら工場の社長さんの車に乗った時に珍しくスバルのフォレスターに乗っていました。

レガシーはどうなのか?と聞いたところ「あれは主婦が沢山乗っている」というお返事(・・)

日本の若者やマニアックなお客様が乗るイメージとは程遠い返事が返ってきました。


そういえばテレビでインドでのインタビューを見たら「一番大きい車メーカーは?」という問いに「スズキ」という返事が返ってきていました。

インドで50%のシェアを握るスズキが一番大きい車メーカーだと思っているようです。

またロシアではカローラは納車まで1年待ちだそうです!


ブランドイメージは国によって大きく違うようです。

そのイメージで車の売れる価格設定が違ってくるということですのでブランドイメージ作りはとても大事だと感じました。


かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP