かつらに関するニュース

ナチュラルのかつらの特殊地肌「BOOM」の面積について



ナチュラルでは、自然な地肌として「BOOM」という技法を用いています→特許出願中

部分かつらの小さなものでは全体を「BOOM」で作成することが出来ます。


「BOOM」は非常に手の込んだ制作方法なので、制作に時間もかかりますし制作費用が高いのですが、ナチュラルではあえて面積制限をしていません。

しかしながら、制作上不可能な大きさというものがあります。

それは・・・

カーブが大きいものになると「BOOM」が作成できない場合があります。

少しのカーブは対応できるのですが、かつらの形のカーブがきつくなると制作ができなくなるのです。

目安としては15センチx15センチ程度です。


以上ご理解とご協力をお願い致します。



かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP