かつらに関するニュース



2009,11,04

20歳前後の若い男性から相談をお受けすることがあります。

「脱毛が最近気になる」

円形脱毛症などではない病的ではない方の場合がときどきあります。



実際にお会いすると、まったく髪が薄くなっている状態ではないのが、この世代のご相談のこのタイプの特徴でもあります。

「抜け毛が多くなってきた。」

「理美容室で少し薄くなりはじめ」などと指摘された。

などがその不安の要因となっているようです。


まったくかつらが必要な状況ではないのですが、「かつらが欲しい」という強い要望をおもちになったりしています。

若干薄くなり始めなどでは、パーマをかけるとだいぶボリュームUPしてかなりの間ごまかせます。

また、AGEなど病院で処方してもらう方法もあるでしょう。

そのようにお勧めするのですが、不安が大きいらしく「かつらを作りたい」と強く要望されます。


いずれ髪が薄くなってかつらが必要となる時期がくるかもしれませんが、まだまだしばらくは、全然必要ないとアドバイスしても、「かつらを作ってください」

と要望される若者がいらっしゃいます。


お気持ちを伺うと「薄くなってからでは遅い。薄くなる前に・・今のうちにかつらを作ってまわりに気づかれないうちにつけたい」

ということが多いようです。


もちろんビジネスですので、そこまで強くご要望される場合には、かつらを作ります。

その場合には、例えば直径10センチ程度の小さなものになる場合が多いです。

少しプラスするだけで、ボリュームUPをするからです。


プロの見た目とお客様の心で見た目とは違うのだなあと改めて実感します。

どうぞプロのアドバイスも受け入れながら自分の希望にて最終的にご判断ください(__)



かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP