かつらに関するニュース

中国では、若年の労働者が不足してきています。それと同時に・・・



2009,10,24

中国ではある経済レポートによると、労働者の人口不足に転換したそうです。

マシンメイドではなくて、細かい作業を必要とする手作の完全オーダーメイドのかつら業界にとっては、結構つらいことになりそうです。


かつらを総手植えするには、細かいネットに髪を植えていくという細かい作業が必要です。

ひとつのかつらに毛を植える作業だけで10日程度かかります。

この小さなネットに毛を植えるのは目が良くないとできません。


20歳前後の若年層がかつらの毛植えの職人の主力です。

このあたりの人口が一人っ子政策で少ないのです。


中国では賃金もどんどん上々していますので、細かい作業やつらい作業より楽な賃金の良い仕事を若者が好みます。

その為に、かつら工場はこれから人集めに苦労すると言われています。

かつらの原価に跳ね返ってくるのではないかと、工場も心配しています。


一方マシンメイドは、作り方も簡単ですぐに出来るので労働者数は少なくてもたくさん生産できます。

将来、本物の手作りのオーダーメイドかつらの価格が高騰することが考えられます。

オーダーメイドのかつらは今が買い時なのかもしれません。




かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP