かつらに関するニュース

日本の携帯電話を中国で売るビジネスのこと



2009,09,25

中国訪問前に、携帯電話を買い換えました。

かつらのナチュラル蠅任倭桓勸に携帯電話を貸与しています。すべてauです。

これは、遅い時間にしか連絡がとれないお客様に連絡をするためにとっている方法です。


私が買った携帯電話はソニーエリクソンのサイバーショットです。

写真を撮ることが多いので、少々重いのは我慢しました。

しかしさすがに画像が奇麗です。一番軽いバージョンで撮影してもとてもキレイに写ります。


日本の携帯電話の中古が中国でたくさん売られているそうです。それもすごく高いそうです。

2000元(3万円)とかするそうです。

よく考えたらそういう使い方ができるはずです。

中国の携帯電話は、以前からSIMカードを交換して使えるタイプです。

情報はそれに全部入っていて、携帯電話を交換するタイプです。


日本でも数年前にそのタイプに携帯電話が変わりました。

中国のSIMカードを日本製の携帯電話にいれたた使えるのも当然かもしれません。


SIMカードを交換しても使えるものと使えないものがあるそうです。

今日、サイバーショットに中国で私が使っている携帯電話のSIMカードを入れ替えて使ってみよう!


それにしても、ちょっとした考えてで大きなビジネスチャンスがあるものです。

今ではネットでも売られていろそうです。

携帯電話はどんどん買い換えてきたので、小野もたくさんの携帯電話が机の引き出しに眠っています。

そんな人たちから1000円くらいで仕入れてネットで3万円で売ればぼろもうけですよね〜


目のつけどころでビジネスチャンスはどこにでも転がっているものです。



かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP