かつらに関するニュース

同じ機械植えで人工毛のかつらでも売り先で仕様が違います



2009,09,22



機械植えの安いかつらではありますが、世界の輸出先で仕様が異なるようです。

地域が変わればかつらの仕様目的や使用方法などが違ってくるのが当然だと思います。


その中で、日本向けの人工毛で機械植えのかつらは、TOP部分だけ機械植えの下にネットがあるのが一般的です。


それが中東向けだとTOP意外のかつら全体にネットが施してあります。

高級感が増すためと思われます。

だいたい中東の女性たちは宗教上の理由から結婚したら髪を見せれないので、かつらをかぶって「髪が見えてるけど自分の髪ではないので髪は見せてません」

というなんだか苦しい言いわけのためにかつらを作られるかたが多いそうです。




まあ日本向けでも、どうしてこんな仕様にしているのだろうと思われるかつらがあります。、

しかし人の好みや趣向は千差万別・・・ターゲットをしぼった商品は多かれ少なかれ需要はあると思います。




ナチュラル蠅任蓮△い蹐鵑塀蠧請悗凌諭△△襪い呂い蹐鵑焚然並咾魑瓩瓩訖諭△△襪い麓然さを求めるレベル・・

いろんなお好みに合わせたかつらを今後とも開発していきたいと存じます。




かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP