かつらに関するニュース

かつらのお客様の意識は日本と韓国で随分違います



2009,09,08,02

韓国では、親が子供の就職祝いに整形手術代金をプレゼントするようなお国柄です(^^)

ですので、美容室も「かつらの看板」を出すのにためらいはありません。

お客様も結構どうどうとしているようです。


それに比較してナイーブな日本人の場合全然違います。

美容室も「かつら」の看板を出すのは通常嫌がります・・「かつらのお店」というイメージを持たれるのを一般的に嫌がります。


お客様も隠したがる意識の強いかたが多いです。

そのために、ナチュラルサロンが「自宅からあまりにも近すぎる」という理由で、隣の県のナチュラルサロンをご予約される方までいらっしゃいます。


また、自分の家の近くのナチュラルサロンでかつらの相談をしようと予約をしたけれど、結構大きなサロンだったので・・・

「なんだか気後れして・・・」

お隣の県の小さなナチュラルサロンをご予約されて来店されたお客様もいらっしゃいます。


お国が違うとこうも違うのかなという感じです。


目の悪い人がメガネをかけるように・・

歯がない人が入れ歯をするように・・

女性が化粧をするように・・


かつらの必要な方が普通にかつらを買い求めるような日本国になって欲しいものです。

違う自分が発見できますように!




かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP