かつらに関するニュース

オーダーメイドかつら・・早く手にしたい気持ちはわかります



2009,08,25

オーダーした後に、納期を急がせるお客様には2つのタイプがあります。

1つは、すでに手持ちのかつらがボロボロで「もう使えない」

「どうにか一日でも早く納品してくれないか」というものです。

もうひとつは、「実は○○日に、かつらを使う予定がある、それに間に合わしてくれないか」というようなケースです。


ナチュラルではできるだけ工場と交渉して柔軟に対応していこうとしています。

しかしながら納期を急がせることは良いことではありません。

というのは、オーダーメイドかつらは、機械で自動的に生産するものではありません。

生身の職人さんが、1個づつ担当して手作りで制作しているのです。

徹夜をしたり、無理させて毛植えをさせると、人間ですから間違いも起こるでしょうし、雑にもなりやすいと思います。

せっかく、10万円以上のお金を支払ってオーダーメイドのかつらを作るのですから、丁寧に心をこめて作ってくれたかつらを手にして頂きたいものです。


それには、余裕をもってオーダーすることが大切です。

かつらが傷みすぎないうちにオーダーしましょう。

自分の使いたい時期までに余裕をもってオーダーしましょう。




かつら ウィッグのナチュラル(株)


ナチュラル(株) TOP