かつら・ウィッグの青森サロンからのニュース

かつらの毛量は薄いくらいが適量



2012,05,14

かつらを作成する際に、とても毛量の多いものをご希望されるお客様がいらっしゃいます。

毛量が多いと不自然な感じになるので、あまり毛量の多いものは避けた方が賢明です。

ただしサロンのスタイリストもお客様の要望をかなえるのが仕事なので、どうしてもお客様が毛量の多いものをご希望の場合はそれで作成します。

お客様の中には分け目部分を当社のBOOMという超リアル人工皮膚で注文しながら・・

地肌が見えないくらいに毛量を増やしてくださいというオーダーをされるお客様までいらっしゃいます。

それなら超リアル人工皮膚のBOOMではなくて一般的なもので良いのではないかと思うのですが・・・


自然な部分かつらというものは、手に取ると「こんなに毛量が少なくていいのか?」と思うくらい毛量が少ないものです。

そんな部分かつらを実際に頭の上に乗せると、不思議にとても自然に見えるものなのです。

もちろんお客様の声にも耳を傾けて、かつらを製作しますが、自然なかつらを作って差し上げたいというスタイリストの意見にも耳を傾けることも自然なかつらを作成することにつながります。




onoikuo かつら・ウィッグの青森サロン、青森県青森市